さんごヤマブシタケ「信州きのこ工房」 電話でのご注文・定期購入のお問い合わせは、0120-417-824まで
お買い物の仕方 お問い合わせ
TOP > ヤマブシタケ工場見学

ヤマブシタケ工場見学

まず始めに本社・雨宮工場と従業員の紹介をいたしましょう。
本社工場(ブナシメジ専門工場)より裏山を望む 雨宮新工場(さんごヤマブシタケ専門工場)
本社工場
(ブナシメジ専門工場)
雨宮新工場
(さんごヤマブシタケ専門工場)
どうです?すばらしい景観でしょう?
このような自然に恵まれた環境で、わたしたちは日々生産に取り組んでいます。
本社工場(ブナシメジ専門工場)の従業員 雨宮新工場(さんごヤマブシタケ専門工場)の従業員
本社工場の従業員 雨宮新工場の従業員
実際に生産に携わっている従業員の声です。
わたしたちは責任と誇りを持って、常にお客様の顔を思い浮かべながら、頑張っています。
包装室責任者 滝澤 幸弘 雨宮工場 包装室責任者 滝澤 幸弘
四季折々の大自然を満喫できる信州へ移り住み、「本当に良いもの」を合言葉に日々働いています。特に「さんごヤマブシタケ」は、日本でも当社だけで栽培しているオリジナルのキノコです。
全国の多くの皆様に食べていただけるよう、真心を込めて育てていますので、是非一度ご賞味ください。
パートリーダー 柳澤 美春 雨宮工場 パートリーダー 柳澤 美春
雨宮工場は、若くて活気のある主婦のパートが多く、みんなでいろいろな工夫をして、より良い商品が作れるように努力をしています。
特に子供たちに、安全でおいしいキノコを食べてもらいたいと思っています。
こだわりのきのこはこうして作られています
原材料(ブナシメジ)   原材料(ヤマブシタケ)   セラミック活水機  
(1)原材料(ブナシメジ)   (1)原材料(ヤマブシタケ)   (2)セラミック活水機  
ブナシメジ用のオガクズは、専用の置場で約1年近く寝かせて防腐剤などを抜くようにしています   ヤマブシタケのオガクズは、国産のブナの木のオガクズを100%使用しています   工場内の水は全てセラミック濾過して使用しています  
詰込み   殺菌   接種  
(3)詰込み   (4)殺菌   (5)接種  
(1)に栄養分と(2)の水を加えてミキサーで混ぜ、それをポリビンに詰め込みます   詰め込んだポリビンを、高圧殺菌釜で殺菌します   殺菌後のポリビンに、キノコの種菌を接種します。雑菌に犯されないようにクリーンルームでの作業です  
培養・熟成   菌掻き   発生管理(ブナシメジ)  
(6)培養・熟成   (7)菌掻き   (8)発生管理(ブナシメジ)  
温度・湿度を一定に保った部屋で、培養・熟成させます   培養期間が過ぎたら、キャップを取ってビン口を削ります   菌掻き後3週間、発生室で温度・湿度・光などを適正に調整すると、みごとなブナシメジに成長します  
発生管理(ヤマブシタケ)   包装室   包装室ライン作業  
(8)発生管理(ヤマブシタケ)   (9)包装室   (10)包装室ライン作業  
同じく菌掻き後2週間、発生室で適正に調整すると、みごとな「さんごヤマブシタケ」に成長します   収穫・包装室に入る前には、必ず帽子・ユニフォームのローラーがけと手指の手洗・殺菌をして、マスク・ビニール手袋をしてから入室します   異物混入防止や、商品を傷めないように注意をしながらパッケージ作業をします  
こだわりのきのこはこうして作られています
原材料(ブナシメジ) (1)原材料(ブナシメジ)
ブナシメジ用のオガクズは、専用の置場で約1年近く寝かせて防腐剤などを抜くようにしています
原材料(ヤマブシタケ) (1)原材料(ヤマブシタケ)
ヤマブシタケのオガクズは、国産のブナの木のオガクズを100%使用しています
セラミック活水機 (2)セラミック活水機
工場内の水は全てセラミック濾過して使用しています
詰込み (3)詰込み
(1)に栄養分と(2)の水を加えてミキサーで混ぜ、それをポリビンに詰め込みます
殺菌 (4)殺菌
詰め込んだポリビンを、高圧殺菌釜で殺菌します
接種 (5)接種
殺菌後のポリビンに、キノコの種菌を接種します。雑菌に犯されないようにクリーンルームでの作業です
培養・熟成 (6)培養・熟成
温度・湿度を一定に保った部屋で、培養・熟成させます
菌掻き (7)菌掻き
培養期間が過ぎたら、キャップを取ってビン口を削ります
発生管理(ブナシメジ) (8)発生管理(ブナシメジ)
菌掻き後3週間、発生室で温度・湿度・光などを適正に調整すると、みごとなブナシメジに成長します
発生管理(ヤマブシタケ) (8)発生管理(ヤマブシタケ)
同じく菌掻き後2週間、発生室で適正に調整すると、みごとな「さんごヤマブシタケ」に成長します
包装室 (9)包装室
収穫・包装室に入る前には、必ず帽子・ユニフォームのローラーがけと手指の手洗・殺菌をして、マスク・ビニール手袋をしてから入室します
包装室ライン作業 (10)包装室ライン作業
異物混入防止や、商品を傷めないように注意をしながらパッケージ作業をします
久保産業ロゴ 久保産業 有限会社
〒387-0003 長野県千曲市生萱580  TEL:026(272)0588  FAX:026(272)0771  Mail:info@yamabusitake.com
Copyright (C) 2005 Sinshu kinoko koubou Co.,Ltd. all right reserved. 特定商取引に関する表記 プライバシーポリシー